夏は紫外線ダメージなどで肌老化のリスクが高くなります。

今回は、ナールスエイジングアカデミー編集部の

「夏の美容液のおすすめは?正しい選び方と使い方で肌老化を予防」を参考に、夏のエイジングケアのための美容液の選び方や使い方をご紹介します。

夏の季節が与えるお肌への影響

夏の季節的な特徴と肌悩みとの関係は次のようなものがあります。

・最大量の紫外線

夏の時期に集中的に降り注ぐ強い紫外線の影響で、お肌の酸化が引き起こされると、肌老化が進みます。

また、日焼けによるシミが目立ち、乾燥肌のリスクも高くなります。

・高温多湿による汗のかきすぎ

大量の汗で肌の潤い成分が洗い流され乾燥が進み、乾燥したお肌を守るために必要以上に皮脂が分泌され、表面はベタベタで内側は乾燥した状態のインナードライ肌になることもあります。

また、pHが急激に変化して皮膚常在菌や顔ダニのバランスが崩れることもあります。

・エアコンによる乾燥肌リスク

外気温と室温との急激な寒暖差、部屋の乾燥などが原因で肌の水分が蒸発し、乾燥肌を引き起こしてしまいます。また、エアコンで身体を冷やすと、女性ホルモンの乱れやからだの冷え、顔冷えを招きます。

さらに、夏のインナードライ肌の原因になることもあります。

・からだの疲労による肌疲労や夏老け

急激な温度変化は、ストレスにつながり、暑さによる睡眠不足など生活習慣の乱れが生じ、からだの疲労がお肌にも悪影響を及ぼします。

バリア機能の低下、ターンオーバーが乱れることによる肌トラブル、紫外線の影響などで肌疲労が起こり、お肌のハリがなくなる、シミやそばかすが目立ちやすくなるなどの「夏老け肌」の症状が現れます。

夏におすすめの美容液

夏におすすめの美容液の特徴は次のようなものがあります。

・肌のハリにはたらきかけてエイジングケアができる

肌のハリのもとになるコラーゲンにはたらきかける作用がある、ナールスゲン、ネオダーミル、ビタミンA誘導体、ビタミンC誘導体などエイジングケア化粧品成分を配合した美容液がおすすめです。

・酸化を防いで紫外線のアフターケアもできる

紫外線のアフターケアとして肌の酸化を予防することができる、ビタミンA誘導体、ビタミンC誘導体、ナイアシンアミド、ビタミンE誘導体など抗酸化力の高い成分を配合した美容液がおすすめです。

・保湿力が優れている

エアコンなどが原因の夏の乾燥肌や夏の過酷な環境に負けない美肌を維持する保湿ができる、プロテオグリカンやヒアルロン酸、ヒト型セラミドなど高保湿成分を配合した美容液がおすすめです。

・優しくて刺激が少ない

加齢により保湿成分の減少やバリア機能の低下が起こっているエイジングケア世代には、アルコール、PG、合成香料、合成着色料、パラベンやフェノキシエタノールなどの刺激が強い成分が配合されていない美容液がおすすめです。

さらに、自分の肌質や肌悩みに合わせた美容液を選ぶことも大切です。

また、美容液を使う順番や使用量を正しく守って、優しい力加減で使いましょう。

美容液以外でも、洗顔やクレンジング、紫外線対策も重要です。

まとめ

夏のエイジングケアのための美容液の選び方や使い方をご紹介しました。

夏は、紫外線ダメージによる肌の酸化、汗のかき過ぎ、エアコンによる乾燥肌など、夏特有の多くのリスクがあります。

この記事を参考に、エイジングケアと保湿の両方を兼ね備えた美容液を上手に選んで正しく使いましょう。